Jblog@ABNA技研 明石海峡大橋ウォーク Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明石海峡大橋ウォーク

はてさて師走も残すところあと1週間です.
今年も大阪でSimutrans界隈の忘年会が予定されているようで,毎度企画頂いているAliceさんには頭の下がる思いです.

さておき,11月から12月にかけても色々と旅行に行ってきまして.
心底どうでもいい話かと思いますが,一応このブログの存在意義のひとつが備忘録なので
目的に沿った正しい記事として表題の通りの旅行まとめ記事を書きます.
.....と勇んで書き始めた結果,はじめの海峡ウォークの分だけでいい感じの量になってしまったので
まずは海峡ウォークだけ単品で記事にします.
・明石海峡大橋ウォーク 11/12(日)
明石海峡大橋の管理用通路を歩いて明石から淡路まで歩くという企画です.
9月のはじめあたりに募集やってたので申し込み,抽選に通って参加権を得たものの10月になると前日が休日出勤なことが判明し.
どうしようかなあと逡巡しつつ結局参加することに.
毎度おなじみ伊勢湾岸→新名神→名神と進み,阪高の京橋で仮眠タイム.
DSC_1113.jpgDSC_1118.jpg
都市高速の夜明けほど美しいものもなかなか.

海峡ウォーク自体は14時過ぎの予定で,午前中はかなり時間が余ります.
空き時間で六甲山方面へ.
紅葉の美しい芦有ドライブウェイを上り,神鉄線と並走しつつ
裏六甲から表六甲へ抜けて神戸大学へ降りるルートをとりました.
DSC_1125e.jpg
表六甲の展望台から.神戸の街が一望できます.
芦有道路はちょっと高級車だらけで,わナンバーのスイフトで降りる勇気はございませんでした.

神戸大学側へ降りてもまだ午前9時と時間は余ります.
再度来た道を戻り,有馬温泉へ.
ちょうど10時に開く日帰り温泉を見つけたので早速in.
日帰り温泉 康貴
有馬の金泉銀泉両方とも楽しめます.浴場が狭いので混むとしんどいかもしれません.
とろみのある赤褐色の濁り湯は透明度100mmってところでしょうか.
女将さんがちょくちょく湯加減を聞きに来るような場面もあり,心遣いが感じられました.

その後,明石方面へと下道で向かいまして.
道を特に調べずに向かったのですが,数回ほど袋小路に迷い込みつつなんとか新開地に到着.
2号に出たらひたすら西進します.昼食は界隈の聖地(?)たるナワジョティへ.
特に写真は撮ってないですがもっちりチーズナンとおくらとチキののカレーが最THE高でした.

腹が膨れたところでいよいよ明石大橋へ.
受付を済ませるとしばらく橋の科学館を自由に見て回れます.
DSC_1143.jpgDSC_1146.jpg

集合場所はアンカレイジ.
DSC_1149.jpgDSC_1154.jpg

貨物用エレベーター.でっけえなあこれで行くのかなあと思ったら結局階段で行きました.
DSC_1157.jpg

管理用通路の先端から.
DSC_1162.jpg
橋は上に凸の縦曲線なので端から端まで見通すというわけにはいきません.

海上に出るところ.
DSC_1170.jpg

第一主塔.
DSC_1185.jpg

これで橋の下面を点検するそうな.
DSC_1197.jpg

第二主塔.
DSC_1198.jpg

潮流でカルマン渦ができてたり.
DSC_1202.jpg

淡路方のアンカレイジに到着.
DSC_1207.jpg

淡路から明石方.
DSC_1219.jpgDSC_1223.jpg

到着後は「一般のバス」で明石に戻ります.
DSC_1224.jpg
明石のバス停から.

明石駅.
DSC_1229.jpg

今回の旅行では821.7km走りました.
DSC_1231.jpg

関連記事
  1. 2017/12/24(日) 16:47:31|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名古屋モーターショーとかスイスポ購入とか | ホーム | Ex対応pakの作り方/考え方の一例>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/75-24559ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。