Jblog@ABNA技研 最近の技術動向について Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の技術動向について

入社式を終え,桜が綺麗だなあと思いながら研修を受けつつ諸手続きをあちこちで済ませたり
動き回ってたらいつのまにか5月,それも大型連休の終わり際と.
連休は連休で帰省した途端に39度オーバーの風邪ひいて前半を潰し
後半は後半で大学に顔出したりSUPER GT観に行ったり九龍邸行ったりしてると連休なんてあっつーまに過ぎ去って
もう明日には労働の地へ逆戻り,なんて.
楽しい時間が過ぎ去るのは早いものです.

さておき,自分のシムトラ環境はというとExおよびStandardのいずれもろくに触ってなくて
せいぜい120.2.2に更新したくらいしか書くことがないです.
しかしながらSimutrans自体は本家様中心に進化を続けているわけで
立ち止まっている人々を待っているわけではございません.
ということで,いつでも復帰できるように備忘録がてらSimutransまわりの近況について書き残してみます.
・Standardの操作系について
銀杏様,teamhimeH様らが独立にパッチ投げたり提案投げたり,操作系の改善が著しいようです.
具体的には
Shift+高架ツールによる高架wayの直接置き換え
車庫の名前フィルタの追加(z9999氏の旧パッチをhime氏が現行対応し本家送り)
Ctrl+wayobjによる既存wayobjの直接置き換え
等が挙げられます.
いずれも長年話題に挙げる人こそ多けれど,行動する人はいなかったところですが
日本プレイヤにとっては念願の機能追加といったところでしょうか.有難い限りですね.
それ以外のところだと公共ツールの使い勝手がかなりよくなってたりします.ドラッグ操作とかwayとobjの分離とか構造物を一括でとか.

・Exまわりについて
ExperimentalがExtendedに改名したのが今年2月半ばのことでしたが,目に見える変化は12系に移行した2年前から現在まで大きなものはないようです.
もちろんバグ取りは活発に進んでいますし,」信号まわりが12系になって大きく変わった関係でウィンドウまわりの表示も小変更が繰り返されるなど
進化を体感できる程度には継続的に開発されているようです.
むしろ現在注力されているのはゲームとしていかにリアリティをもたせるか,という点のようで
paksetのソフト的な仕様固めに関する議論が盛んに行われているという印象を持ちました.
個人的には軌道ダメージの指数の一括指定がconfig側で利く点がある種ツボというか
車体傾斜車以外は積極指定せずに自動計算に任せてしまおうか,などと考えてみたり.
快適性レベルの時間の切り方とかケータリング周りの仕様固めとか(これも本体側で調整がかかる可能性が示唆されています)
抵抗の算出式がいつのまにかオープンになっていたりとか(Rair=v^2*Ca, Rroll=mg*Crとそれっぽい感じに簡略化しているようです)
考えるべき点は非常に多いですし,完成形がまだまだ遠いんだなあという感想です.
(何もこんなタイミングで改名して注目だけ引かなくてもなあと思うくらいでしたが,作者様のモチベーションが保たれるならそれが一番でしょう)

・Simutrans学会 Reti_N様によるまとめ
2017年5月13日(土)開催とのこと.発表スライドや録画等の一部は公開されています.
首都圏のプレーヤ,クリエイター,ディベロッパー等々が十数人集まり
各々の技術,思想,ノウハウについて発表や意見交換を行なったようです.聴講してみたかったですね.
思想はともかく技術的なところを共有し,あるいは知ってもらうということは有益なことで
今後の定期的な開催にも期待したいところです.

とまあ完全に備忘録的な日記と化しました.
もういっそSimutrans以外のこともガンガン書いてみようか,と思わないでもない.
関連記事
  1. 2017/05/01(月) 09:27:59|
  2. Simutrans:技術系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<関空旅博とか | ホーム | 首都高速道路神奈川7号横浜北線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/68-70f54c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。