Jblog@ABNA技研 Simuconfをちょっと覗いてみる Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Simuconfをちょっと覗いてみる

さて,きょう3本目の記事です.
そして記念すべき(?)64番目の記事です.
忘年会,初詣,新年会と3本続けて旅行みたいな話だったので
そろそろちょっと真面目な話しないと技研の名が廃るってもんです.

っても何かクリエイティヴなことをしたわけではないので
結局のところ文系チックな話になってしまうのですけれど.


さて,表題の通りSimutrans_ExperimentalのSimuconfについて真面目に読んでみます.
何といっても今まで128.JapanをExperimentalに対応させようとしながら
Simuconfは項目ごとに関係のある行のみを参照していて,全編通しで読んだことなかったんですね.
いい機会なので全編読んでみて,クリティカルな部分をピックアップしてみます.
今回はgoogle翻訳を多用しています.
今までは辞書引いてひーこらひーこらやってたのですが
昨年の暮れ辺り,google翻訳が機能改善したらしく
いちど試してみたかったんですね.
試してみて,かなり良くなっていると感じましたが
その分いっぺんにたくさん読ませて校閲が非常におろそかになっているので
トータルのクオリティはあんまり変わってないかも.
時間対効果で言えば劇的に改善されています.

・job_replenishment_per_hundredths_of_months = 375
この設定は、ジョブが補充される速度を決定します。
デフォルトの100では、建物のすべてのジョブが正確に1か月間に補充されます。
200で2ヶ月、50で1ヶ月半かかります。
これは、時/分スケールに対して月/年スケールを較正する場合に便利です。
たとえば、ある月が6.4時間(6:24)と計算された場合、1日(24時間)は3.75 "月"で構成されます。
したがって、ジョブが24時間に1回補充されるようにするには、月の長さが6:24の場合は375に設定します。

・max_alternative_destinations_commuting = 6
max_alternative_destinations_visiting = 12
max_alternative_destinations_per_visitor_demand_millionths = 500
max_alternative_destinations_per_job_millionths = 675
ルートを見つけることができない一部の乗客は、代替目的地に行くことができます。
これは訪問客と通勤客に分かれて設定されています。これは、max_alternative_destinations_visitingとmax_alternative_destinations_commutingを使用して絶対値で設定するか、ジョブの総数とビジター需要の合計レベルの比率としてmax_alternative_destinations_per_visitor_demand_millionthsとmax_alternative_destinations_per_job_millionthsを使用して設定できます。
相対的な設定を使用することをお勧めします。これは、地図のサイズよりもはるかに優れているためです。
これは、乗客の任意のパケットの実際の数がゼロとこの数の間でランダム化されるので、代替の宛先の最大数として指定されます。
この数値は、乗客の数に強く影響し、計算負荷にも大きな影響を与える可能性があります。

min_visiting_tolerance = 3
range_visiting_tolerance = 5400
min_commuting_tolerance = 20
range_commuting_tolerance = 120
乗客は旅行に費やす時間の最大許容レベルを持っています。
乗客は、通勤と来客の2つのグループで生成されます。
訪問客はレジャー、ビジネス(職場間の旅行)、買い物などの理由で旅行するのに対し、通勤客は仕事を探すために旅行します。
これらの2つの異なるタイプの乗客のそれぞれは、最小および最大の旅行時間に許容差を持ちます。
数値は分で表されます。 乗客の各パケットにつき、許容できる準備時間(分を含む)の分数は、
正規分布を使用して最小値と最大値の間で無作為化され,範囲よりも狭くなります.

・random_mode_commuting = 2
random_mode_visiting = 5
以下の設定は、乗客の個々のパケットが実際の旅程の許容誤差を決定する方法を、上記の範囲内で決定します。オプションは次のとおりです。
0 - 均一分布
最小値と最大値の間のすべての点が等しく選択される可能性が高い
1 - 正規分布(http://en.wikipedia.org/wiki/Normal_distribution)
最小値と最大値の間の範囲の中央に近い点は、範囲の最後に近い点よりも選択される可能性が高い。
2 - 正の偏りの正規分布(2乗)(http://en.wikipedia.org/wiki/Skewness)範囲の中点ではなく、範囲の下端に近い点がポイント選択される。中央からの距離はスキューです。
3 - 正の歪みを正規分布(3乗)します。いいえと同様。 2であるが、歪度(範囲内のモーダルポイントが端部よりも最初に近い程度)はかなり大きい。
4 - 正の偏りの正規分布(再帰二乗)より大きなスキューの程度で、図2および3に示す。
5 - 正のスキュー正規分布(3次再帰) 2,3、および4の場合にはさらに大きなスキューの程度である。
6以上 - 正の分布を正に歪ませた(3乗複数回再帰的)

min_visiting_tolerance = 3
range_visiting_tolerance = 5400
min_commuting_tolerance = 20
range_commuting_tolerance = 120
乗客は旅行に費やす時間の最大許容レベルを持っています。
乗客は、通勤と来客の2つのグループで生成されます。
訪問客はレジャー、ビジネス(職場間の旅行)、買い物などの理由で旅行するのに対し、通勤客は旅行を探すために旅行する。
これらの2つの異なるタイプの乗客のそれぞれは、最小および最大の旅行時間許容差を有する。
番号は分で表されます。 乗客の各パケットにつき、許容できる準備時間(分を含む)の分数は、
正規分布を使用して最小値と最大値の間で無作為化されます。 範囲よりも狭い。

random_mode_commuting = 2
random_mode_visiting = 5
以下の設定は、乗客の個々のパケットが実際の旅程の許容誤差を決定する方法を、上記の範囲内で決定します。オプションは次のとおりです。
0 - 均一分布
最小値と最大値の間のすべての点が等しく選択される可能性が高い
1 - 正規分布(http://en.wikipedia.org/wiki/Normal_distribution)
最小値と最大値の間の範囲の中央に近い点は、範囲の最後に近い点よりも選択される可能性が高い。
2 - 正の偏りの正規分布(2乗)(http://en.wikipedia.org/wiki/Skewness)範囲の中点ではなく、範囲の下端に近い点がポイント選択される。中央からの距離はスキューです。
3 - 正の歪みを正規分布(3乗)します。いいえと同様。 2であるが、歪度(範囲内のモーダルポイントが端部よりも最初に近い程度)はかなり大きい。
4 - 正の偏りの正規分布(再帰二乗)より大きなスキューの程度で、図2および3に示す。
5 - 正のスキュー正規分布(3次再帰) 2,3、および4の場合にはさらに大きなスキューの程度である。
6以上 - 正の分布を正に歪ませた(3乗複数回再帰的)

・収入システムの較正の設定
これらの設定は、収益がゲーム内で計算される方法を調整します。
それらを変更すると、ゲームが容易になるか、難しくなる可能性があります。
また、奇妙な方法で変更された場合は、ゲームを奇妙なものにします。
これらの値を変更する前に、何をしているのかを必ず確認してください。
これらの設定はスピードボーナスを較正します。
Simutrans-Experimentalでは、Simutrans-Standardとは異なり、速度ボーナスは、コンボイの全体的な最高速度ではなく、
任意の2つのストップ間のコンボイまたはラインの平均*速度に基づいています。
これらの設定のすべての距離はキロメートル単位で測定され、meters_per_tile設定を使用して較正されます。

min_bonus_max_distance = 1
median_bonus_distance = 160
max_bonus_min_distance = 1000
max_bonus_multiplier_percent = 50
min_bonus_max_distanceは、速度ボーナス(またはペナルティ)が適用されない距離です。
この距離以下では、物品は平均速度とは関係なく支払われます。
median_bonus_distanceは、速度ボーナス/ペナルティの100%が適用される距離です。
min_bonus_max_distanceとmedian_bonus_distanceの間では、スピードボーナスのスケーリングされた割合が適用されます。
たとえば、min_bonus_max_distanceが10でmedian_bonus_distanceが110の場合、
50タイルの旅では、速度ボーナスまたはペナルティの50%が適用されます。
median_bonus_distanceはオプションです。
指定されていない場合、または0に設定されている場合、min_bonus_max_distanceとmax_bonus_min_distanceの中間点として計算されます。
max_bonus_min_distanceは、それ以上では速度ボーナスの速度がそれ以上上昇しない距離です。
言い換えれば、スピードボーナス(またはペナルティ)のレートは、距離とともにmax_bonus_min_distanceに達するまで増加し続け、その後は安定したままです。
max_bonus_multiplier_percentは、max_bonus_min_distanceで指定された距離以上に適用される速度ボーナスのパーセンテージです。
したがって、速度ボーナスの格付けが10%で、距離がmax_bonus_min_distanceの値を超え、max_bonus_multiplier_percentが200に設定されている場合、
速度ボーナスの格付けは実質的にその旅の20%になります。
median_bonus_distanceとmax_bonus_min_distanceの間には、縮尺の比率が適用されます。
たとえば、median_bonus_distanceが100の場合、max_bonus_min_distanceは1,100、
実際の距離は500、max_bonus_multiplier_percent 200は速度ボーナスの定格が乗数の半分、つまり150%増加します。

meters_per_tile = 125
meters_per_tileは、各タイルの長さをメートル単位で表します。
デフォルトは250です。
この設定は、移動時間、収入、保守費用、快適さおよびケータリング値を計算するために使用されます。
10.0より前のSimutrans-Experimentalのバージョンでは、代わりに "distance_per_tile"という設定が使用されていました。
その設定は10メートルで計算されました。
simuconf.tabで "distance_per_tile"を指定すると、ゲームによってmeters_per_tileに変換されます。

これらの次の設定は、Simutransの快適さと収益の相互作用に影響します。快適性は乗客の交通量にのみ影響します。
乗客は一定の距離を許容する一定レベルの快適さを持っています。快適性評価はすべて0?255の範囲です。
許容レベルでは、レヴューは影響を受けません。
許容レベルを超えると、高級ボーナスが適用されます。
許容レベルを下回ると、不快なペナルティが適用されます。値は何にでも設定できますが、
実際の生活を反映するために、不快感のペナルティは贅沢なボーナスよりもはるかに高いことが示唆されています。

#0:05h
tolerable_comfort_short_minutes = 5
tolerable_comfort_short = 10 factory_worker_radius = 200
#1:00h
tolerable_comfort_median_short_minutes = 60
tolerable_comfort_median_short = 50
#2:30時間
tolerable_comfort_median_median_minutes = 150
tolerable_comfort_median_median = 125 factory_worker_minimum_towns = 1
#6:00h
tolerable_comfort_median_long_minutes = 360
tolerable_comfort_median_long = 175
#18:00h
tolerable_comfort_long_minutes = 1080
tolerable_comfort_long = 250
tolerable_comfort_shortは、許容可能な快適度以下の旅行のための車両の許容できる快適性評価(0?255)です。
tolerable_comfort_median_shortは、tolerable_comfort_median_short分を超えない旅行のための車両の許容できる快適性評価である。
tolerable_comfort_median_medianは、tolerable_comfort_median_median分以内の旅行のための車両の許容できる快適性評価である。
tolerable_comfort_median_longは、許容可能な快適度_median_long分以内の旅行のための車両の許容できる快適性評価です。
tolerable_comfort_longは、少なくとも許容可能な快適時間の旅行のための車両の許容できる快適性評価である。
いずれかの値の間の時間の旅の場合、縮尺率が適用されます。
旅行時に快適さが収入に与える影響は減少することに注意してください。
これは、maximumable_comfort_median_long_minutesに至るまで、最大レベルにあり、その後、tolerable_comfort_short_minutesで徐々に最大値の20%に減少し、さらにその後減少しない。

max_luxury_bonus_differential = 65
max_luxury_bonus_percent = 50
max_luxury_bonus_differentialは、贅沢なボーナスに影響を及ぼす許容レベルを超える快適性評価ポイントの最大数です。
それを超えるもの、さらに贅沢を加えたものは、収益に大きな差はありません。
max_luxury_bonus_percentは、max_luxury_bonus_differentialで指定された高級レベルの最大値からの収益のパーセンテージの増加率です。
したがって、任意の所与の旅行時間の許容快適レベルが100、max_luxury_bonus_differential 50、およびmax_luxury_bonus_percent 50である場合、
収入は通常の収入を超えて最大50%増加し、追加の快適さは最大150まで増加するが、 150を超える快適さの増加はありません。

max_discomfort_penalty_differential = 220
max_discomfort_penalty_percent = 97
不快感ペナルティは、コンフォートボーナスとまったく同じ方法で働きます。
max_discomfort_penalty_percentは、max_discomfort_penalty_differentialで指定された不快感の最大レベルからの収入の減少率です。

catering_min_minutes = 45
catering_level1_minutes = 60
catering_level1_max_revenue = 300
catering_level2_minutes = 90
catering_level2_max_revenue = 450
catering_level3_minutes = 120
catering_level3_max_revenue = 600
catering_level4_minutes = 180
catering_level4_max_revenue = 1000
catering_level5_minutes = 210
catering_level5_max_revenue = 1500
これらの設定は、ケータリングや移動郵便局から得られる収益を管理します。
編成内の乗り物もまた快適度を少しずつ増やします。これは収入に間接的な影響を与えます。
これらの設定はそれには影響しません。
これらの設定は、ケータリング自体から得られる収益に影響します。つまり、食べ物や飲み物を販売します。
catering_min_minutesはケータリング収入を提供する最短の旅行時間です。
それ以下の値では、乗客は食べ物や飲み物を一切購入しません。
catering_level1_minutesは、catering_level1_max_revenueで指定されたSimu-cents(Simucreditの1/100)の数を
乗客1人あたり1ケータリング以上のケータリングレベルで獲得する旅程です。
それ以降のケータリングレベルでも同じことが言えます。
言い換えると、ケータリングレベルが高いほど、少なくともcatering_levelX_minutes(Xは問題のケータリングレベル)の旅行でケータリングレベルを下回るだけです。
各レベルの間で、スケールされた割合が適用されます。
たとえば、catering_min_minutesが100、catering_level1_minutesが200、実際の旅時間が150分の場合、
ケータリングレベルが1以上の護送隊は、1人につきcatering_level1_max_revenueで指定された量の50%を獲得します。

tpo_min_minutes = 90
tpo_revenue = 300
郵便局の収入は、ケータリング収入よりも簡単です。
tpo_min_minutesで指定された時間を超える移動郵便局の車両(ケータリングレベルがゼロ以上の郵便物運搬車)を含む護送隊で郵送するすべての旅について、
旅行はtpo_revenueで指定された金額を獲得し、 通常の収入に加えて運ばれた郵便物の袋の数を乗じたものです。

passenger_max_wait = 19440
この設定は、乗客が輸送を待つ準備ができる最大時間を示します。
設定は速度ボーナス値で除算され、分数が取得されます。
pak128.Britainとpak128では、乗客のデフォルトのスピードボーナス値は18です。
したがって、デフォルトの待機時間2,700では、乗客が待機できる最大時間は2,700 / 18 = 150分、つまり2時間30分です 。
他の種類の商品にも同じことが当てはまります。たとえば、
したがって、2700のpassenger_max_waitを使用すると、郵便は破棄されるまでに180分待つことになります。
また、推定旅行時間の3分の1がこの値の1/12未満である場合を除いて、旅行全体の推定旅行時間は最大3倍です。

min_wait_airport = 45
これは、乗客または商品が空港で待つことができる最小限の時間(分)です。
これは、道路や鉄道などの他の手段による輸送よりも、搭乗段階で航空機による移動をより遅いプロセスにするチェックインやセキュリティチェックなどの必要性をシミュレートします。
これを0に設定すると、航空輸送は他の輸送と同様に動作します。

seperate_halt_capacities = 1
この設定が1に設定されている場合、各タイプの品物に対して停止が異なる容量になります。

max_walking_distance_km_tenth = 15
乗客は、プレイヤーの輸送車や専用車を使用するのではなく、近くにいる場合は目的地まで歩きます。
このパラメータは、それがどれだけ近くにあるかを定義します。
これは数百メートル(10分の1キロメートル)で表されているため、デフォルト設定の15は、原点の1.5km以内にある場合、旅客が目的地まで歩くことを意味します。

walking_speed = 4
これは、乗客が歩く速度(km / h)です。
平均歩行速度は5km / hで、これがデフォルトです。
しかし、多くの歩行旅行が一直線上にないという事実を考慮すると、これよりも低い設定では、多くのことが言えるでしょう。

敷設コストの設定は、1kmあたりのSimuCentsで新しい方法を構築するコストを決定します。
このコストは、タイルに指定されたタイプの新しい軌道を作成するときに課金されますが、
同じタイプの既存の軌道をアップグレードするときには課金されません。
したがって、新しいものを構築するよりも、方法をアップグレードする方が安価になります。
このコストは、.datファイルで指定された方法の基本コストに加算されます。
forge_cost_road = 10000
forge_cost_track = 20000
forge_cost_water = 40,000
forge_cost_monorail = 20000
forge_cost_maglev = 30000
forge_cost_tram = 5000
forge_cost_narrowgauge = 10000
forge_cost_air = 25000

parallel_ways_forge_cost_percentageは、すでに存在する同じタイプのウェイに隣接する各タイプの
軌道を構築する際に請求される偽造コストの割合です。
たとえば、この数値が道路の50に設定されている場合、別の道路にすぐ隣接する1つの道路を構築する場合の敷設コスト(
前述のとおり)は、完全値の50%です。
parallel_ways_forge_cost_percentage_road = 50
parallel_ways_forge_cost_percentage_track = 35
parallel_ways_forge_cost_percentage_water = 75
parallel_ways_forge_cost_percentage_monorail = 35
parallel_ways_forge_cost_percentage_maglev = 40
parallel_ways_forge_cost_percentage_tram = 85
parallel_ways_forge_cost_percentage_narrowgauge = 35
parallel_ways_forge_cost_percentage_air = 85

これらの設定は列車の護送装置が列の終わりに到達したときにそれが折返すのにかかる時間を決定します。
道路車両や航空機には適用されません。
「unit_reverse_time」は、複数車両の編成のような列車/機体を指し、各ユニットには運転台があり、
車両の順序を変更することなく後退することができるものです。
これらは、一般的に逆転する時間が最短です。
「hauled_reverse_time」は、後部から駆動することができない列車/乗り物を指すので、
正面の機関車は列車の周りを走行して後部に取り付けなければならないですが、
その機関車自体はいずれの方向に駆動されてもよく,向きを変える必要はありません。
「turntable_reverse_time」とは、上記のカテゴリのように、後部からは運転できなため、
その機関車が進行方向(例えば、蒸気機関車など)に向かうように回る必要がある車両です。
これらは、かなり時間がかかります。
すべての時間はゲーム秒です。
以前のバージョンでは、これらは "_seconds"を除いた "unit_reverse_time"(など)で
内部ミリ秒単位で指定されていましたが、これらの値はタイル設定ごとのメートルに合わせて手動で調整する必要がありました。
古いキーワード "(unit_reverse_time)"などはまだ機能しますが、存在する "...秒"バージョンで上書きされます。
unit_reverse_time_seconds = 60
hauled_reverse_time_seconds = 120
turntable_reverse_time_seconds = 360

enforce_weight_limits = 2
この設定では、重量制限を適用する方法をカスタマイズできます。
enforce_weight_limitsが0に設定されている場合、重量制限は完全に無視されます。
enforce_weight_limitsが1に設定されている場合、車両は道路、鉄道、トンネル、橋梁上を走行することができます。過重量の車両が走行する場合、速度は大幅に低下します。
enforce_weight_limitsが2に設定されている場合、車両は過重量になっているwayでは移動できません。
Simutrans-Standardの動作に戻すには、enforce_weight_limits = 0を設定します

sighting_distance_meters = 875
これは列車の運転手が先行する信号を見ることができる距離(メートル)です。
列車は危険にさらされている可能性のある信号を時間通りに制動する必要があるため、この距離は列車の速度に影響します。

max_speed_drive_by_sight_kmh = 35
これは、レール(ナローゲージ、モノレールおよびマグレブを含む)の車両が視覚的な作業方法でドライブ内を移動する最大速度(km / h)です。
0 =他の制限なしで視界距離内で停止することができるように速い。

次の設定は、時間間隔シグナリングにのみ適用されます。
time_interval_seconds_to_clearは列車が時間間隔信号を完全に通過してからそのアスペクトをクリアにリセットした後の秒数です。
time_interval_seconds_to_cautionは列車が時間間隔信号を完全に通過してからアスペクトを注意深くリセットする時間(秒)です。
デフォルト:クリア - 600(10分); 注意 - 300(5分)
time_interval_seconds_to_clear = 600
time_interval_seconds_to_caution = 300

45度を超えるコーナーでは、半径が計算されます。
しかし、Simutransのタイルシステムのおかげで、これは45度のコーナーに適用すると非現実的な結果をもたらします。
ここで値を指定します。
これは、車両が45度の角をとる速度に影響します。
これを0に設定すると、45度のコーナーが直線として扱われます。
これが9999に設定されている場合、隣り合うコーナーのペアは、90度のコーナーの半径の半分として扱われます
(隣接しないペアは、それらの間の距離に応じてスケールされます)。
これは技術的には正しいですが、より穏やかなコーナーができないためSimutransではうまく機能しません。
assumed_curve_radius_45_degrees = 1000

これらの設定は、車両のカラースキームを定義します。
それぞれのスキームには、それぞれ独自の導入日付が付いた多数の塗装パターンがあります。
カラースキームが適用される場合、将来導入されない最新の導入日を持つカラーパターンが選択されます。
カラーパターンの引退日は、その塗色を選択して適用することができなくなった日です。
引退年月は省略可能です。引退年月が指定されていない場合、その塗色は引退しません。
次の例では、導入日の2つの肝油(それぞれ明るい黄色と濃い黄色とネイビーブルーとロイヤルブルー)を持つ
2種類のカラースキーム(黄色と青色)を定義しています。デフォルトのスキームは、利用可能な最も番号の若いスキームです。
#livery_scheme [0] =イエロー
#retire_year [0] = 1990
#retire_month [0] = 4
#livery [0] [0] =明るい黄色
#intro_year [0] [0] = 1900
#intro_month [0] [0] = 1
#livery [0] [1] =ダークイエロー
#intro_year [0] [1] = 1950
#intro_month [0] [1] = 5


ひとまずこんな感じで.
最初に「クリティカルな部分をピックアップして」などと書いていましたがとてもそういう分量じゃない気もします.
ともあれやっと若干シムトラ路線に戻れたかな,というところ.
関連記事
  1. 2017/01/25(水) 17:35:43|
  2. Simutrans:技術系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<透過画像とか | ホーム | 新年会とか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/64-84850880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。