Jblog@ABNA技研 リンク先紹介 Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リンク先紹介

リンク先の紹介を適当に貼ります.
不定期更新,基準は適当です.
勝手に紹介文書くので訂正,削除依頼は適宜連絡いただければ対応します.
・Simutrans PAK128.Japan

言わずと知れたpak128.Japanの本家ダウンロードサイト.
paksetとしての128.Japanを配布なされています.
特徴はpak192にも匹敵するダイナミックなスケール感と鮮やかなコントラスト.
多様なアドオン群が活きるのも本家様あってこそですね.
yoshisan.png

・ABNA Engineering -Simutrans - Ebi 's Simutrans Addon Fabbrica -

Ebi氏のPak128向けアドオンサイト.
鉄道車両,線路,道路,空港,トンネル,橋梁など幅広く揃います.
特に新幹線は迫力の独自規格で,専用の線路と同時にマップに景観を与えます.
技術的にはおそらく車両はNuno氏,構造物はZkou2氏の系譜と勝手に推測してます.
2016年現在,Simutrans界の「技術」の最前線にいるとみてもよさそうな.
ebisan.png

・HTRKDK Simutrans Add-on Laboratory

HTRKDK氏のpak128.Japanおよびpak.toybox向けアドオン置き場
東日本の鉄道および関東バスを中心に,細かい差異まで作り分けられたアドオンたちが揃っています.
技術的には[丸みの強調]と[色を落としすぎないこと]によって車両の雰囲気が非常によく表現されているように感じます.
このサイトからDLした車両にまずハズレはありません.jp勢で一番上手い車両描きです.
htrsan.png

・くぎにのアドオン置き場

kiha09氏のアドオンサイトです.pak(64|128|128.Japan|toybox)を一通り押さえています.
広く浅く様々なものを手掛けているので,なかなか目当てのものは少ないかもしれません.
でも広く浅く様々なものを手掛けているので.ひとつくらいは心の琴線に触れるものがありそうです.
非鉄なpak128.Japanプレイヤの私の目線だと複々線用線路だったり,覆道だったり,ちっちゃい機関車だったり.
その人にとって[いいモノ]をみつけられそうです.
kh09san.png

・KowLoon Project

九龍氏のプロジェクトサイト.基本的にはpak128向けですが,深く考えなければpak128.Japanにも流用可能なものが多数あります.
昨今ではそのキャラクターから[九龍会]なるSimutrans団体の長としてとある界隈で有名になっているフシがありますが
れっきとしたインフラ系アドオン屋さんです.
上に挙げた方々のような物凄く上手い絵を描くわけではないですが
既存のSimutransになかったような新しいタイプのアドオンを,モジュール的に制作されるため
その意味で非常に技術的価値のあるサイトであると認識しています.
なにより「眺めて面白く,痒い所に手が届く」のが素晴らしいですね.
KLsan.png

・素材保管庫

koa氏の文字通り素材保管庫です.pak128.Japan向け.
同氏は日本語化wikiのモデレータ・副管理人としても活動していらっしゃいますが,
ここではpak128.Japan向けアドオンを多く公開されています.
特に名鉄の旧型車と名古屋の雑居ビル群が個人的イチオシです.
koasan.png

・京津車輛工業

2013年からのpak128.Japanの圧倒的成長を支えた京津三条氏のブログです.
古い記事に埋まっている製作記事は初心者必見です.
その他Simutransの対戦記事や制作報告など,ある程度量のまとまった読んで面白い記事が多く存在します.
Kshinsan.png

・MIK -Simutrans blog-

こちらは2011年からPak128.Japanを支え続けていらっしゃるmik氏のSimutrans系ブログです.
架線や橋梁などは本体側の仕様変更により現在使用が推奨されないものもありますが
車両を中心に新規格に対応されているいまだ現役のアドオンも数多くあります.
ブログのためプレイヤ目線のプレイ日記もあります.
miksan.png

・Simutransアドオン作成入門

Takamaro氏による制作指南ブログです.
初心者から上級者まで,ちゃんと読めば間違いなく技術向上につながる良記事揃いですが
氏の製作スタイルがEdge2を駆使してインデックスカラーによる一斉置換を主体としているため
自分のやり方に合わせて拾うべきところを拾うだけの頭が必要かもしれません.
takamarosan.png

・SimuEXPO

休日自衛隊氏のアドオンサイトです.
自動車,モノレール,船舶に航空機と,128.Japanの輸送機関ならこのサイトに行けば間違いなく一揃いします.
鉄道や自動車など手打ちドットの安定感とインフラ構造物や航空機など大型の3DCGの迫力のグラフィックで
プレイ環境をワンランクアップできることでしょう.
また江戸時代再現プロジェクト[pak128.Edo]にも期待です.
kyuujisan.png

  1. 1999/11/30(火) 00:00:00|
  2. リンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<よろしくお願いします。 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/61-9dc61aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。