Jblog@ABNA技研 Simutrans-Experimentalの新信号のアナウンスをふわっとエセ和訳しただけの記事 Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Simutrans-Experimentalの新信号のアナウンスをふわっとエセ和訳しただけの記事

昨日木枯らし1号が観測されたようで
いよいよ冷え込んでくる季節かなあといったところですが。
くれぐれも体調には各自お気をつけましょう。

さておき一昨日でしたか,皆さんご存知の通り大幅に変わることが以前から示唆されていたExperimentalの信号システムですが
これのdatリファレンスが公示されました。
フォーラムなんてまともに読まない流し読み上等のライト勢からしたら当初の予想を上回る
およそSimutransとは思えない別ゲーの信号システムに仕上がったようで。
そりゃこれだけの長い時間かかるわな......。

とりあえず読まないことには何も始まらないので,具体的なDat記述は置いといて
前段の機能概要の部分だけでもと英語もロクにできないながらふわっと雰囲気訳にトライしてみました。
論理が明らかに破綻するような大きな誤訳を見つけたらこそっと教えていただければ幸いです。

以下,引用およびふわっとフィーリング訳です。

Short comments about the new signals in Simutrans-Experiemental:Exp版の新信号について

Unidirectional
Signals are now unidirectional signals that no longer prevent trains passing in the opposite direction, but are ignored by trains passing in the opposite direction.
However its possible to build bidirectional signals if they are using the working method of cab_signalling, moving_block as well as track_circuit_block

・単一方向性
全ての信号はいま列車が逆方向列車が逆方向に通過することは妨げず,逆方向に通過する際は無視されるような片側信号となっている。
しかしながら軌道回路方式はもちろんのこと車内信号方式,移動閉塞方式の場合も双方向信号も建設可能である。


Signalboxes
A signal can't just be built anymore as in previous versions: They need signalboxes in order to be built.
A signalbox is in the real world the shelf or the building from which the signals are controlled,
and newer techniques allows for more efficient signal systems with greater numbers and more remote controlled signals.
In Simutrans, the signalbox is coded as a player building to be put next to the track.
It has also passenger demands, mail demands etc.
Video of Signals and signalboxes

・信号扱所
信号は単に以前のバージョンのようには建てられない。信号を建てるためには信号扱所の建設が必要である。
信号扱所は現実には棚か,信号を制御するための建物である。
今では非常に多数をより遠くから制御できる効率的な信号システムが可能になっている。
いっぽうSimutransでは信号扱所は線路横に建てるプレーヤ所有の建物として実装されている。
旅客属性や郵便属性などをつけることもできる。
信号と信号扱所についての動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=2XLi1tNaG28

Aspects
The signals may now be coded to have up to 5 aspects, in addition to aspects for permissive signals and choose signals showing alternative routes.
The ordinary five aspects are:
DANGER, CLEAR, CAUTION, PRELIMINARY CAUTION and ADVANCED CAUTION
Aditional aspects that can be added:
CALL ON
CLEAR (subsidiary route), CLEAR (main route), CAUTION (subsidiary route) ........ etc
More details how to combine the aspects are described underneath in the dat-file reference.

・信号現示
信号は5現示まで表示でき,さらに許可信号および振分信号は主経路か副経路かも表示できる。
通常の5現示は[停止][進行][警戒][注意][減速]
追加で現示できるのが[誘導進入許可][進行(主)][進行(複)]………
より詳細な現示の結合方法についてはDATリファレンス以下に記述してある。

Permissive signals
It is now possible to make a signal work in the permissive block mode.
This is a variation of either track circuit block or absolute block or cab_signalling.
It is a real life signalling system that is used to increase line capacity.
I think that it is still used on the London Underground, or, in any event, was in use there until very recently.
In a permissive block system, [a train that is brought to a stand at a signal at danger] may proceed even though the signal is at danger provided that it travels slowly enough to stop on seeing the train ahead.
This is only possible where the signal controls a section of straight, unidirectional track.
In real life, [there sometimes are and sometimes are not subsidiary signal arms showing a "call on" aspect allowing the train to proceed in this way.
has_call_on=1 indicates the presence of graphics for such an aspect.
It is possible to have permissive signals without a visible call on aspect: in this case, they will continue to show a danger aspect when the train passes.
There are underground permissive signals that work in this way in Pak128.Britian-Ex.
In Simutrans-Experimental, permissive signals will work as such only if the route to the next signal has no junctions.
If there are junctions, the permissive functionality is disabled and the signal works as an ordinary stop signal.
In Pak128.Britain-Ex, the signal's sighting speed is lower for these call on signals, so there is a real disadvantage in placing them where they do not work as such.
Provided that the line to the next signal has no junction, the train, once it has come to a stand at the signal,
will be given a call on aspect, and will be able to proceed in drive by sight mode.
This allows multiple trains to enter a section, which might be useful in busy goods loops, for instance, or low speed high density urban passenger lines.
Choose signals cannot be permissive signals, as it is assumed that there will be junctions ahead.
Note,however, that it is planned in future for signals that are not defined as permissive to have call on aspects to deal with light engine movements and splitting and
combining trains; this is a significant new set of features, however, and has not been implemented yet.

・誘導信号
信号を許可閉塞モードで動作させることが可能になった。
これは軌道回路方式,絶対閉塞方式および車内信号方式のバリエーションである。
現実の信号システムでは線路容量を増加させるために使われている。
ロンドン地下鉄とかこれが使われてたような気がするが,いずれにせよかなり最近使われるようになったものである。
許可閉塞方式では,停止信号直下まで進行した列車は列車は即時停止可能な微速において停止信号を受けているにもかかわらず再度進行できる。
これは信号がコントロールする一方通行の直線でのみ可能である。
現実には,誘導進行現示でこの方式による列車の進入を許可するための補助的な表示装置はあったりなかったりする。
has_call_on=1でその現示のための画像の存在を定義する。
目に見える誘導進行現示なしでも許可信号にすることは可能である。この場合,列車の通過中も信号機は停止現示を続ける。
128Britain-exにはこの方式の地下用許可信号が存在する。
Experimentalでは.許可信号は次の信号までの分岐のない経路に対してのみ作動する。
分岐がある場合は許可信号は無効となり通常の停止信号として作動する。
128Britain-exでは信号の視認速度はこれらの誘導信号ではより低いので,そのような機能しない箇所に設置することは現実的なディスアドバンテージがある。
次の信号まで分岐のないとき,いちど列車は信号の位置まで着て停止し,誘導進行現示によって目視モードによる進行を開始する。
この方式は区間内への複数列車の進入を許すが,このことは貨物の頻繁な往来,例えば低速高密度な都市の旅客線などには便利かもしれない。
振分信号は許可信号にはできず,分岐があっても進行可能なものと思われる。
しかしながら,将来的には許可信号として定義されていない信号に誘導現示を持たせて軽動力車を扱って列車を分割併合するようなことも考えている。。
これは趣のまったく違う新しいセットで,そしてまだ着手されてもいない。

※停止信号のあとの無閉塞運転みたいなもんですね多分。

Choose signals
The choose signals have now become even smarter!
Beside their function to send trains to different platforms on a station, it can now also find a free path through occupied tracks on a station to the other end for bypassing trains.
This feature is used together with an "end of choose"-sign which has to be placed on the exits of the station.
When a train aproach the choose signal, it will be given a route all the way till its destination or the "end of choose" sign, whichever is encountered first.
Also the signal can now have different graphics whether it operate as a choose signal or as a normal signal.

・振分信号
振分信号はより賢くなった。
振分信号のもつ,駅にある別のホームへ列車を送る機能が,列車のバイパスのために埋まっている経路を避けた駅の反対側への経路も見つけられるようになった。
この特徴は駅の出口に置かれるEOCと同時に使用される。
列車が振分信号に接近すると,目的地かEOCへの経路のうち初めに見つけたものが与えられる。
また信号は振分による指示か通常信号としての指示かで異なる画像を持つことができる。


Short about signals working methods:信号の動作方式についての記事

drive by sight
When the train leaves the depot, this will automatically be its initial working method.
The train driver uses his eyes to look ahead and secure that the track is free.
This working method is ideal for eg trams inside cities, so they can drive closer to each other.
- Trains will never go faster than to stop inside its sighting distance.
- No signals at all are needed for trains to operate in this working method.
- Creates very easy deadlocks
- Trains automatically go into drive by sight when they leave the depot, or leave a platform with no signal on it, or passes a sign with working_method=drive_by_sight

・目視による運行
車庫を出た列車ははじめ自動的にこれに則って運行する。
運転手は肉眼で前方の線路が空いていることの視認および保安をする。
この方式は市内のeg tramsの理想形であり,互いに接近しての運行が可能である。
-列車は視認距離内に泊まれる速度より速くは進行しない。
-この方式が機能するためには信号はいっさい不要である。
-非常に簡単にデッドロックする。
-列車は車庫を出るか,ホームを出て信号がないか,[目視進行標識]を通過すると自動的に目視によって進行する。

Time interval signalling
- Signals are at clear by default
- Signals will turn to danger on the passage of a train
- Signals will revert to caution 5 (in-game) minutes after a train passes
- Signals will revert to clear 10 (in-game) minutes after a train passes
- Trains must pass signals at caution at no more than half line speed or half the signal's sighting speed, whichever is the lower
- Pre-signals are effective as repeaters and serve to enhance the sighting distance of a stop signal
- If trains collide in this method, both trains will come to a stand for a long time before continuing in the drive by sight working method
- Choose signals have some choose functionality, but be careful to avoid deadlocks at terminus stations with this working method

・時間間隔信号
-信号は通常時は進行現示。
-列車が通過すると信号は停止現示になる。
-信号は列車の通過よりゲーム内時間で5分経過によって注意現示まで復帰。
-さらに列車の通過よりゲーム内時間で10分経過によって進行現示へ復帰。
-列車は注意現示のとき[路線の速度の半分]または[信号の視認速度の半分]の低い方の速度で進行する。
-プレシグナルは続行運転時の停止信号の視認距離を延ばす補助として有効である。
-この方式で2列車が衝突した場合,両方の列車は目視運転で流してやるまで立ち往生する。
-振分信号は機能するが,終着駅でのデッドロックに注意すべき。

One train staff
One train staff (and "staff" as in stick rather than employee) is a system in which only one train is permitted on a whole stretch of line.
It is very simple in operation: only a train whose driver is in physical possession of the staff may enter the section.
This system must therefore have only one entry and exit point for all trains, or else the staff will be left in the wrong place.
It is only really useful for either entire lines where only one train is running
(very basic railways, where this would be placed on the exit from the depot and not on the train's normal route),
or single track dead-end sections that have no internal signalling.
In Simutrans-Experimental, the staff cabinets
(there can be more than one for a section, but they must be placed in an immediately adjacent tile to one another to work as one)
work by reserving the train's entire route until it comes back and reaches that cabinet again
(or until it reaches the same point in its schedule as it is now, whichever is sooner).

・単行スタフ
単行スタフ([スタフ]は従業員ではなく棒である)では一続きの区間に1本のみの列車を許可する。
この方式は非常に単純である。スタフを持つたった1つの列車の運転士にのみ区間内への進入を許可するだけである。
この方式ではそれゆえにただひとつの入り口と出口を全列車に対し持たなければならず,さもなくばスタフがどこかへ行ってしまう。
列車が1編成しか走っていないような場合か,区間内に信号のない単線区間の末端部においては非常に有用である。
Experimentalでは,スタフ棚(1つ以上あってもよいが,1つの棚として動作させるには隣接タイルに置かなければならない)は区間全体を予約中の列車が再び戻ってきて棚に戻ってくるまで機能する。

Token block
Token block is a much more sophisticated system than "One train staff" -system. In real railways, it requires a train's driver to hold a physical token before entering the section.
However, there is more than one such token, meaning that many trains can go through the section in one direction one after another.
Only one token can be released at any one time.
This is ensured by telegraph equipment at either end of the section.
The rest of the tokens are locked in the token machine.
This allows signalling of a single track line with multiple sections and multiple entry and exit points.
In Simutrans-Experimental, trains will reserve the route only as far as the next signal, but will not unreserve the route until they pass the next signal.

・通票閉塞
通票閉塞は単行スタフをより複雑化させた方式である。現実には物理的な通行証を運転士が区間に進入する際に持っていなければならない。
しかしながら,1以上の通票があり,より多くの列車が1方向に多数進入できるようになっている。
1つの通票は1回のみで破棄される。
このことは区間出口の通信設備によって確実になされる。
残りの通票は通票機の中でロックされる。
この仕組みは単線区間において複数の閉塞と複数の進入・離脱経路を可能にする。
Experimentalでは,列車は次の信号までを予約するが,次の信号を通過するまで予約の解除をしない。

Absolute block
The absolute block system prevents that no more than one train is inside the same block at the same time.
Usually, everything is checked by the humans in the signalboxes, which use telephone or telegraph to communicate between signalboxes.
In some cases there where some level of protection like electromechanic or electric relay systems to prevent a signal or a point to be shifted at wrong times.
It has the particular feature of generally having only two aspect signals, but three aspect signals did exist,
and the distant aspect where then controlled from the next signalbox on the line, why its called a "combined signal"
(code: is_presignal=1 and aspects=3).
This means that the next signalbox must be in range of the three aspect signal, otherwise no presignal aspects are shown.
Normal distant signals indicate the aspects of all the signals controlled by the same signalbox.
This means that the distant signal should be placed BEFORE the "first" signal that the signalbox control.
If any signal that the signalbox control show danger, the distant signal will also show caution.
Only if all signals are clear, the distant signal will show clear.
The intermediate blocksignal makes it possible to split a section between two signal boxes in two without having to build an additional signalbox.

・絶対閉塞
絶対閉塞では1つの閉塞内に1以上の列車が進入することを防ぐ。
普通,信号扱所の人間による信号扱所間の電話や電信により全列車が確認を受ける。
場合によっては信号や分岐が間違った動作をしないように電気機械や電子連動のような保護がある。
それらは一般に2現示信号であるという特徴をもつが3現示のものも存在し,線上の次の信号扱所によって制御される遠方の現示は連動信号("combined signal")と呼ばれる。
(コード:is_presignal=1 and aspects=3)
これは次の信号所は3現示信号の範囲内になければならず,さもなくばプレシグナルには何の現示も見られない。
普通の遠方信号は同じ信号扱所に制御されている全ての信号について現示を表す
これは遠方信号は信号扱所に最も近い信号の手前に位置しているべきであるということを意味する。
もしも信号扱所の制御下にある信号が[停止]であれば,遠方信号は[注意]を示す。
全ての信号が[進行]であれば, 遠方信号も[進行]を示す
中間閉塞信号は区間内の2つの信号所の間に追加の信号所の建設を行わずに2つの信号所の間の区間の分割を可能にする

Track circuit block
The main feature of track circuit block in reality is that its an automatic signal and works for single tracked lines.
The tracks can now automatically detect wether there is a train on the track, and this is used to work the signals.
On a straight piece of track with no junctions between signals, the signal will automatically revert to danger on sensing a train in the block behind the signal.
When no train is in the next block, the signal will show "clear".
However, in some paksets (countries), the signal will show "danger" instead of "clear" until approached by a train (used with normal_danger=1).
Signals at junctions in track circuit block are semi-automatic and will remain at danger until a route is booked to another signal.
The distant signals now always represent the state of the very next signal,
not all the stop signals controlled by the same signalbox as had hitherto been the case with absolute block signalling.
This means that multiple aspect signal are available: a single signal which contains indications not just as to whether the block ahead is free,
but also as to whether the block after that (or the third or fourth block) is clear.
- Trains will make a directional reservation (shown in blue in the block reservation display) when they reserve through a section containing bidirectional signals
- The directional reservation ends at the next one way sign
- A tile with a directional reservation can be reserved (as a normal (red) block reservation) by any train proposing to go in the same direction
- Bidirectional lines in track circuit block mode should be signalled using bidirectional signals.
If is_presignal=1 is defined, then it can only have aspects=2.

・軌道回路方式
軌道回路の主体となる機能は実はその自動信号と単線での働きにある
線路は自動的に軌道上に列車の存在を検知し,これが信号の動作に利用される。
信号と信号の間に線路の分岐の無い直線部分では,信号は信号背後の列車を検知して自動的に停止現示となる。
次の閉塞に列車がなければ進行を示す。
しかしながら,いくつかのpaksetでは(国による),信号は列車が接近するまで進行の代わりに停止を現示する(このときnormal_danger=1を使う)
軌道回路式での分岐部の信号は半自動的であり,区間が他の信号によって予約されるまでは停止を示す。
遠方信号は常に次の信号を表示し,絶対閉塞信号の場合のように同じ信号所によって制御される全ての停止信号を見るわけではない。
これは多現示信号が可能であることを示す。
ある信号がただ前方の閉塞が通行可能かどうかだけでなく,その3つ4つ先の信号の状態を表示させられるということである。
-列車は双方向信号を含む区間を通過して予約をする際に方向予約を行う(予約表示画面では青く表示される)。
-方向予約は次の一方通行標識まで行われる。
-方向予約を受けているタイルは同じ方向へ進行する任意の列車によって予約される(通常の赤い予約表示)。
-軌道回路方式の双方向線では双方向信号を使うことが推奨される。
is_presignal=1が有効な時,その信号はaspects=2のみが可能となる.


Cab signalling
Cab signals are treated in exactly the same way as track circuit block multiple aspect signals, save that there is an unlimited sighting distance.
For ETRMS style signals with no visible aspects, it is recommended to leave the number of aspects at 2 to prevent reserving further ahead than necessary.

・車内信号方式
車内信号方式はほとんど軌道回路方式同様に扱われるが,視認距離が∞となる。
ETRMS式の目視可能な現示のない方式では,必要以上に遠くを予約することを防ぐために現示を2でない数字にしておくことが望ましい。

Moving block signalling
- The "max_distance_to_signalbox" parameter in the .dat files is used as the maximum distance between the signals themself (the signalbox range works as normal)
- If there is more than this maximum space between signals, trains will revert to drive by sight mode after the point at the end of that space.
- Choose signals will not let a train past them unless the whole block is free, in a similar fashion to absolute/track circuit block signals.
- The above behaviour of choose signals is necessary to prevent deadlocks at terminus stations.
Always use a choose signal before terminus stations when using moving block signals.

・移動閉塞方式
dat内の"信号間距離"設定は信号自体の最大間隔として使用される(通常は信号扱所の有効範囲として機能する)。
信号間距離よりも広い間隔がある場合は,列車は有効範囲の端を過ぎた後は自動的に目視モードに切り替わる。
振分信号は閉塞がまるごと空いていない限りは列車を通過させない,軌道回路や絶対閉塞に似た動作をする。
振分信号の上位挙動は終点でのデッドロックの予防に必要である。
移動閉塞を使用する場合は常に終点の手前に振分信号の設置が必要である。


以上が前段部です。
コレ読んだときはなんというか[えっ本気かよ]って感想なんですが。
ホントにできんのかあってのはさておき,早いとこdatとpng対応させたいですね。
とりあえず以上が正しいとして,いくつか思うところを適当に述べてみます。

・市電に鉄道信号がいらなくなる。
 これは大きいですね。というかこれが元々の開発趣旨の1つだと思うのですが
運転士の目視によって勝手に進行してくれるんですね。ただし1マスで止まれる程度の速度しか出せません,と。
逆に言えば市電車輛については40km/h出せる程度に制動力をブーストしてやってもいいかもしれませんね。

・基本性質について
 信号が片側だけ無視され片側のみに信号として作用する,のくだりですが
つまりは複線なら一通標識をかならず置きなさいってことなので,ひと手間ふえるかな,と。
 これは憶測ですが,信号扱所を建てる時点でもはやドラッグによる信号設置はできないのではないか,という懸念も
個人的には持っているので,そのあたりも含めて手間のかかる信号だなあという印象です。

(160618追記: 少なくとも軌道回路式ではドラッグ設置は有効です。
また青予約に関しては双方向信号を含む区間が対象となるようです。)
 もっともこれは国産の景観系アドオンも含めて,リアリティと簡便さはトレードオフなのはおそらく私を含めたプレイヤの皆さんも
よく知っていることなので,まあExpを元々プレイするような層からすれば大したことはない,とも言えますが。
きょうび2マスATCなんてデッドロックの温床になるような方法やる人そうそういませんもんね。

・信号現示の多段化
これも面白いなあと。実際の挙動がどうなるかはやってみないとわからない点もありますが
時隔信号のところのルールがそのまますべてに適用されると見ていますが詳細な言及はないのでなんともですね。
信号の速度といえば,視認速度と表現されていますが通過速度の上限を個別設定できるようなので
たとえば速度制限標識の類も作れそうですね。これもかなり幅が広がります。

(160618追記: 軌道回路は多段現示は可能ですが時隔信号の速度ルールはデフォルトでは適用なしです。
また予約され視認距離に入った時点で速度制限を受けるためそのような使い方はあまり好ましくないと考えられます。)

・単線区間の信号
 単線区間での続行運転が可能になるため,単線区間での運行がしやすくなりますね。
特にトークン式と軌道回路式が威力を発揮しそうです。
 軌道回路式に関してはプレイの上からはもう言うことないですね,ある意味完成形ではないでしょうか。
いっぽう移動閉塞に関しては最上位であるいっぽう,もっとも原始的な目視と同様のスタイルです。
ある種現実でも同じことがいえるのかもしれませんね。

って感じですが,安定版としての現物はまだ出てきていないのでひたすら待ちですね。
新版本体とbritain12exがおそらく同時に出てくると思われるので,それを見ながら国産品を書き換えて
やっと遊んでみてって感じになりそうです。
まだまだしばらくかかりそうですがそれでも新しい要素の多い新版にひとまず期待ですね。
(160618追記: 国際フォーラムより120.1.2ベースの最新版がDL可能です。)


関連記事
  1. 2015/10/25(日) 14:03:45|
  2. Simutrans:技術系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<untitled | ホーム | NetSimutransAL3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/48-53e217ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。