Jblog@ABNA技研 NetSimutransAL3 Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NetSimutransAL3

夏休みも過ぎシルバーウィークも終わり本格的に学期はじめの時期ですが
シルバーウィークにあわせてAlice鯖第3期がスタートしました。
使用バージョンはr7373stable,使用paksetはpak128改です。
年代設定ありで1955年開始,破産あり,アドオン追加ありの普通のSimutransです。

1981年現在のマップ。すでにほぼ全ての都市が接続されている一方で空き地もまだ多い。
alnsmap1981.png
今回も13枠全て埋まり,共同開発も有で合計参加者は19名とかなりの大所帯サーバとなりました。

以下で簡単な紹介とか現状説明とか。

まずはサーバ管理者様のプレイヤ,有栖川電鉄です。
alns_1.png
マップ北部を拠点とし,プレイヤカラーは明るい青です。
鉄道線の収益は現在マップ内トップです。また立地条件から直通車の通過需要により通行料も大幅な黒字です。
隣接する各プレイヤとの連携により効率よく捌けています。

マップ最東部,淡い緑色のつくば高原鉄道

成田・つくばみらいの高原の2都市を軸に南北で接する他プレイヤとのネットワークを広げています。
空港と長距離直通列車による遠距離輸送も盛んであり都市規模以上に安定した基盤を持ちます。

マップ中央南部,濃い赤色の御影電鉄
alns_3.png
既に2度破産しているため財政的には弱く小規模ですが管理者により救済都市が設置されたためそれでも十分な広さを持ちます。
とにかく規模のわりに高規格でしたが2度目の破産後は80km/h軌道を使うなどやや堅実な方向にシフトしたようにも見えます。

マップ中央北部~南部にかけて広く拠点を置く黄色の福井電気軌道

2名の共同プレイヤで運営され,特に道路交通の整備に重点を置いていらっしゃるようです。
マップ最大都市の福井の人口と集客力の大きさもあってか最近は市内交通のアンテナも目立ちます。

マップ中央部と南西部に中規模拠点を置く濃い紫のナワジョティがある
alns_5.png
航空運行による飛び地を繋げていくようなスタイルです。こちらは3名の共同運営です。
コンコルド主体のハイリスクハイリターン,運行費多めな運営と最高速度記録を独占するような車種選
択が特徴的です。

マップ西部に広大な拠点を置く黒のSimutrans系指定団体(仮)
alns_6.png
Simutransの互助会[九龍会]のメンバー3名による共同プレイヤです。
他の共同プレイヤよりも持ち場をはっきりと分けている為か都市の様子は多様です。最近は発展に押されやや輸送力が不足気味です。

マップ中西部に面状に拠点を持つ濃いピンクの咲耶高速鉄道
alns_7.png
マップ最大の乗換駅,宇和島駅を抱えています。宇和島の都市自体もマップ第2の人口を抱えています。
ターミナルはほぼ飽和に近そうですがここからさらに巨大化するか分散を図るか,動向に注目です。

マップ中央から南部にかけて拠点を持つ黄緑色の紅白酒鉄道
alns_8.png
中央部の平野を中心に自然地形を強みにつけた都市を広げています。
立地条件からマップの半数と直接接するため路線も幹線よりは網目のようなネットワークです。

マップ東部の湖岸に拠点を持つ薄い茶色の知立急行電鉄
alns_9.png
湖岸部に拠点を持ち,海運による旅客や貨物の輸送が盛んです。
また拠点南部に大きなターミナルを持ち,そこで一斉に旅客の交換を行っています。

マップ北東部に拠点をもつ濃い青色の大茶旅客鉄道
alns_10.png
一時期は破産寸前でしたが見事な手腕で再起し高速鉄道によって大きな利益を生み出しています。
拠点自体は広くはないものの長距離路線によって広い需要をカバーしています。

北西部の高地に拠点を構える薄い紫色のDERA
alns_11.png
市域自体は拡張せず,高密度な発展によって大きな輸送需要を生み出しています。
湖岸での海運や航空によってマップ全域とつながっています。

南東部に広い土地を持つ橙色の皆川鉄道株式会社
alns12.png
DERAさんとは逆にとにかく市域を拡張することで大きな輸送需要を生み出しています。
また接続ポイントを絞ることで流動を統制しています。

以上,12プレイヤの紹介を2行づつ並べてみました。
これだけ多いと書くだけで40分以上もってかれちゃったのは単にタイプが遅いせいかどうか。
ともあれ,様々なリアルタイムで様々な人と様々なプレイスタイルに触れることができるのはNSの醍醐味ですね。
ぜひ今後も活発かつ友好的な交流が各方面で維持されることを願います。



関連記事
  1. 2015/10/05(月) 21:56:00|
  2. NetSimutrans
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Simutrans-Experimentalの新信号のアナウンスをふわっとエセ和訳しただけの記事 | ホーム | 夏休み後半のちょっとした旅行とか突発オフとか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/47-995c992c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。