Jblog@ABNA技研 加速設定forExperimental Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加速設定forExperimental

愛用のvaio 13SがSONYへの2週間遠征に出かけまして
血中シムトラ分が現在急激に下降中です。
電源ボタンが動作しないのは1年以上前からずっとだったので放置してたのですが
気づいた頃にはASSISTボタンがお亡くなりになり,ここ数ヶ月はWEBボタンの応答があやしくなり,
それでも電源を落とさずにディスプレイ開閉によるスリープと定期的な再起動でもたせていたのですが
ついにディスプレイの開閉も認識しなくなりまして。
そのまま電池切れからの起動不能,みたいな。
ちなみに起動にいっさい絡まないVAIOボタンだけはすこぶる快調であります。
とりあえず3年保証は残ってたので修理に出しつつ,データ飛ばさずに帰ってきてくれればなあって
淡い希望を抱いてます。

ともあれ,プレイ環境もpng制作環境もないのでアレですが
ここ最近コストシート作ろうぜ,みたいな流れが周り見てるとあるようでして
この機に乗じてSimutrans-Experimentalでの加減速を見てみようかなと。
今回はその辺の話をちょいちょい述べてみます。
といっても自分で検証した部分はたかが知れてるので,実質7割方は周りの人がやったことの紹介になりそうですが
それはさておき,とりあえず下の図をご覧ください。
CBO2S2lUYAAzOQU.png
CBQbxzVUUAA9Vrv.png
CBQiksfUcAAC71k.png

これらはMARK8629氏が今年の3月29日に検証したデータのグラフなのですが,この図からExperimentalの加減速性能を
推測してみます。

1枚目のグラフは牽引力2,減速力2の条件の下でのv-tグラフですが,きれいな直線になっています。
また,2枚目のグラフは牽引力の値のみを2,4,6,8,10[kN]と変化させたものですが,これも低速域(たとえば0-100km/hの範囲)において
各グラフは直線的であり,かつ,たとえばt=5[s]の断面をとるとおおむね20,40,60,80,100[km/h]となっています。
このことは現実世界同様に加速度が牽引力に比例することを示すと考えてもよい根拠となります。
standardでは牽引力の項目がなく,同じ速度域で出力×gearとゲーム側の抵抗によって速度が変化したのと対照的です。

次に,2枚目と3枚目の,直線でないグラフに着目します。2枚目の10-2と3枚目の10-2は同じデータです。
これを見ると,10-2ではおおむね100km/h超あたりから加速度が漸減しているようです。
ここで,datではtractive_effortだけでなく引き続きpowerとgearを記述することを考えると,
出力P=速度V×力F
の関係から,速度の上昇に反比例するように牽引力が低下し,それに伴い加速度も速度に反比例して落ちると考えられます。
つまり,低速域では加速度を一定にしながら速度とともに出力が増大し,定格速度に達した後は最高出力を保ちながら
加速度が次第に減少していく,という実際の電気鉄道車両とよく似た挙動を示すと推測できます。
(実車の場合はさらに弱め界磁や滑り増大の限界を過ぎると急激に牽引力が低下する領域がありますがさすがに
そこまでは実装されてなさそうです。)

こちらは先日Ebi氏が
power=1000
gear=100
weight=10
tractive_effort=10
のもとで6/10に同様のデータをとったもので,いっかい微分してある分加速力が減少を始めるタイミングが
わかりやすくなっています。

実際にはコレどころじゃなく山ほどデータ抱えてそうですが

以上を踏まえて,というか,以上から実車の値×係数,という形が利用できるという結論が確認できたため,
実際に実在車両のデータを打ち込むとこんな感じに出ます。
sheet1.png
gearを過負荷率と読み替えるのはstandard同様です。抵抗は未記述のためデフォルト値が使用されます。
手打ち項目が起動加速,定格出力,重量,定員,M車T車の数で,datに追加するのがM車引張力,車両あたり制動力,過負荷率あたりです。
テストマップで回した限りではそこそこ無難な値が出たとは思いますが引き続き要調整です。
新幹線や特急型がまったり優雅に加速してく感覚はexp特有のモノになりえますね。
無題
動画とかにまとめないと,SSじゃ伝わらない気もしますが
車庫出てこの位置でまだこの速度,ってとこから何かを感じてもらえれば,と。

150807追記
Ebiさんがこんな加速比較動画作ってらっしゃいました。
加速性能と高速性能が互いにねじれている185と205,2100とE3と253の関係に注目です。

関連記事
  1. 2015/06/15(月) 16:49:53|
  2. Simutrans:技術系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Simutrans22:Scenarioってほどでもない日記 | ホーム | Simutrans21:貨物を微妙に拡大したり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/42-09f261b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。