Jblog@ABNA技研 Simutrans19:png絵の描き方 Jblog @ABNA技研

ABNA Portal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Simutrans19:png絵の描き方

鉄研合宿とか部活の合宿とかで金欠ですがちょっとずつ気温が上がってきて過ごしやすい季節になってきました。
季節の変わり目は体調崩しやすいなどとよくいいますがやっぱ適度にあったかいのがいいですね。
どうせ5月ごろにはすぐ暑くなって部屋で溶けてたりしそうですけど。

今回はとりあえずシムトラ向けのpng絵を作るときに気をつけていることを適当に挙げてみようかと思います。

まずプレイ画面の角度について考えると,ゲーム内マップの上下関係と実際のプレイ画面の整合性から左下が南になるように見下ろしていること,各タイルの画面上のタテヨコ比が1:2であることから見下ろし角が30度であることが推測できます。
無題
上の画像は実長を1としたときに画面上の見かけ長さが見下ろし30度でどの程度縮むかを示したもののつもりです。
図のサイズは全く合ってないです。
特に注意する点としては高さ方向についてもやや縮まることを忘れないようにといったところでしょうか。
√3/2でだいたい0.87くらいですね。特にSE向き車両前面とか描いてる時に忘れがちです。
逆に流線型車両で傾きが地面に対し60度くらいの車はかなり大きく見えることになります。

明るさについては自分の場合は完全に光源に対する面の向きだけで決めています。
一応本家の光源は真南から60度とのことなので,法線がその向きになる面が最も明るくなりますね。
特に車両の肩にあたる部分の表現はS向きとE向きで大きく変化するところかと思われます。
無題

中間色についてはおおむね面積に比例させるような書き方が最近の好みです。
その上でたとえばグリーン車の四つ葉や女性専用車ステッカなど特に強調したいものについて原則から
外して強めに描いたり描かなかったりします。
とりあえず最明部と最暗部の色だけ初めに決めてしまえばあとは様子見ながらでどうにかなりますが
始めから明るい色を使いすぎるといざってところでこれ以上明るい色がなかったりするので
RGBの各成分をカンストさせないことを意識するといいのかなとか。
あとは128jpといえども1ドットあたり実写換算で30cm四方程度の面積,あるいは帯の太さを占めていることを考えると
当然それより細い帯なんかは面積,太さに応じて色を薄めてやったりするほうがそれらしくは見えます。
一方で細くても地色との差が大きくてシャープな印象を受けるもの,例えば営団や都営の車両の帯なんかは
ある程度ハッキリ描いて雰囲気を出してやることもできたり,結局は描き手の感性の問題といえばそうなんですがね。
帯が濃いめ太めだと車種判別もつきやすいですし。

窓に関しては大きい連窓なんかはアンチエイリアスなしだとくっきり見えるのであまり使いませんが
窓が小さくなるほどひずみが目立つので20m4ドア車より窓が小さくなる車両については中間色を入れてやることが多いです。

人によっては最明面を真南60度にせずに照り返しを考慮してすこしプレイヤ目線寄りに取っている人もいます。
アンチエイリアスについてはもう完全に人それぞれですね。
うまいことかけるかけないの判断をできればまあアドオン屋を名乗ってもいいのかなと思いつつできてないのでまあアレなのですけれどね。

まあ,参考になるのは自分なんかよか絵のうまい方が何やってるか見るのが一番でしょうし
うまい人のはやっぱ造形のワイヤフレームからきっちり作ってたり
面の向きと明度の対応がバッチリとれてたり
彩度調整が絶妙だったり
他人のモノを覗いて勉強するってのがまあ自分のためにもなるのかなと。
あとはいろいろ作り方のコツとか知識を公開されている方々の文章を読むとか。
pak64ですがtakamaro氏のサイトとか結構参考になります。
128jpの場合は3倍程度のサイズ差があるので積極的に彩度を低める必然性は薄いことだけ留意すれば
問題はないかと思います。
あとは京津三条氏のブログとか,阪神9000系の製作手順をそのまま書かれているので
これからpakファイル作るって方に特に参考になりそうです。

関連記事
  1. 2015/03/15(日) 17:36:44|
  2. Simutrans:技術系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Simutrans配線まわりの考え方 | ホーム | NetSimutransPM4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jomoyaman.blog.fc2.com/tb.php/37-cced720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。